サイト内検索
最近のドメイン記事
PR
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< ウェブサイト作りが面倒だった半年間 | TOP 期限切れSEOドメイン無料紹介ブログ | ドメイン有効期限のお知らせが借金取りのようだ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | ドメインメモ |

中古ドメインの需要は高まっているのか?

 ツイッター上のタイムラインを流れるツイートを読んでいたところ、中古ドメイン屋さんの1人(たぶん業界最大手)が、需要増で在庫が大ピンチ、みたいな呟きをされていた。

実際どうなのか、ざざっと調べてみた。
 結論からいうと、たしかに需要がものすごく在庫切れになっている中古ドメイン屋さんが多かった。約10のドメイン屋さんしか見ていないが、高額販売(PR3で数万円など)をしているところ以外は、ほぼ完売状態。

しかも、在庫を補充しても、かなりの勢いで売れていき、1日後くらいには在庫切れになっている模様です。

なぜ、こんなことになっているのか不明です。
あえて理由を考えてみると、完全に個人的な妄想にすぎませんが、中古ドメインの影響力が再認識されて需要が喚起されたか、アフィリエイト塾などで中古ドメインを取ることが以前よりも推奨されたかかなぁと思っています。または、最近の無料ブログでの締め出しで独自ドメインへ移行が促進されたのかもしれませんが。

当然のことながら、初心者だけではなく、起業したような方々も購入するお店なので、それもあるのかなと考えています。

少なくとも1ついえることは、「中古ドメイン」の力が健在であることでしょうね。力がなければ需要はないわけですから。気になるのは、今後の動向です。某検索エンジンがこのままこの状態を放置しておくとは考えにくく、どこかのタイミングでテコ入れをしてくるのではないかと危惧しています。

思い返せば、2011、2012年は「スパム対策の強化」が前面に打ち出されて、対策が取られてきました。今後もこの状態が続くことは確実で、一網打尽にする可能性もあると思います。

そう考えると、中古ドメインのみで対応していくことは怖いことになります。しかし、効果があると判断されていることも事実。

結局、リスクとベネフィットとのバランスを考えて、ベネフィットがより大きいと判断されて、中古ドメインの需要が高まっているのだと思われます。

個人的には、需要の高まりは一部の販売屋さんだけじゃないのか、と考えています。某系列のオークションには、大量のPR付きドメインが格安で出品されていますが、ほとんど売れておりません。これは、質の問題かもしれませんが、それにしても格差大きすぎwな気もします。
| SEOドメインあれこれ | - | - | ドメインメモ |

スポンサーサイト

| - | - | - | ドメインメモ |